ヒジ・ヒザの脱毛をする時に気をつけたいことは?

通常、脱毛をする時にはヒジ下・ヒザ下を指定しただけではヒジとヒザの脱毛は含まれてはいないことがほとんどです。
ですが意外とムダ毛が気になるのがヒジとヒザです。

本数は少なくても露出すれば目立つことが多いため、腕や足の脱毛をする時にはセットで脱毛することが多いですね。この部分というのは角質が分厚くて乾燥していることもよくあります。

また黒ずんでいて汚いという人も少なくはありません。
脱毛したいと思っていても肌をほったらかしにしている人の場合には、黒ずみが原因で断られることもよくあります。

もし断られてしまったならまずは黒ずみと乾燥を解消することから始めなくてはいけません。
パーツごとの施術ではまとめての施術よりもトータルコストがかかってしまいますので、スキンケアをしてから通うほうがお得ですね。

ヒジとヒザの黒ずみの一番の原因は衣類の摩擦刺激です。改善するためにはまず摩擦を減らすような服を着て、日常生活でヒジやヒザをつくような姿勢を取らないことです。

そして入浴後などはたっぷりと保湿をして肌を柔らかくします。
頑固な黒ずみの場合には医薬部外品などの美白クリームを塗ることも必要です。

黒ずみ全てが改善するには時間がかかりますが、生活習慣を見直すだけでもかなり黒ずみは解消されます。

そして脱毛期間中に気をつけたいのが、スキンケアです。
しっかりと保湿をしておくことで、脱毛の効果も向上します。

脱毛の時にもすねは痛くないのに、ヒザの時には痛いという場合には乾燥している証拠でもあります。
乾燥しているのをほっておくと、ヒザやヒジだけなかなか脱毛の効果が現れなかったり、照射後に埋没毛ができる原因になることもあります。

足や腕全体の脱毛が終ったのに、ヒジとヒザだけいつまでも毛が生えたままにもなりかねません。

コースの契約が終った後もヒジ・ヒザだけムダ毛が気になるのなら、都度払いのサロンで納得いくまで通うことも必要になります。

特にヒザはスカートなどを履くと、黒ずみやムダ毛で影ができて汚らしく見えやすい部位です。
足がすらりと細くてキレイな人でも、ヒザが汚いとがっかりされてしまいます。

そのため、ただムダ毛が薄くなった程度では満足できない人も少なくはありません。
全くムダ毛がない状態になるまで通おうと思えば、時間もかかります。

この1回1回の照射の効果を発揮させるためには、日頃からのスキンケアが重要なのです。

照射をする時だけではなくて、日常からのスキンケアを意識することで少しでも早くつるつるのヒジ・ヒザになることができますね。

vio脱毛はこちら⇒ ハイジーナ(VIO)脱毛とは?詳しく知りたい脱毛ノウハウ